運動で痩せる


キチンと努力してダイエットを成功しようと思うと、真っ先に浮かぶのが運動で消費カロリーをアップする方法でしょう。

昔からスポーツマンの人であれば、自分の行っていた部活のトレーニングや実際のその運動/スポーツを行えばよいでしょう。

しかしながら、そのスポーツは本当に効率よく脂肪を燃焼してくれるのでしょうか?

 

最終的に、美しい体つきを手に入れたいのが、ダイエットの目的です。

ムキムキの筋肉質な体を求めているわけではないですよね?

 

消費カロリーをアップするためには、筋肉はもちろん必要ですが、美しい見た目としては、「ムキムキの筋肉」ではないですよね?

 

運動で痩せる場合には、むやみやたらに筋肉をつけるわけではなく、効率よくカロリーを消費できる運動/スポーツを選択するのがお勧めですね。

 

あとは、どのページでも行っていますが、ダイエットは続けられることが重要です。

続けられる運動を行いましょう。

消費カロリーランキング


1位

水泳 クロール

消費カロリーナンバーワンは水泳です。

水泳の中でも、クロールが一番消費カロリーが多いのです。

1時間の消費カロリーで男性で約1300kcal、女性で1000kcal消費されるようです。

ダイエットの為にはもちろん良いのですが、クロールをちゃんとするにはそれなりの技術がいりますね。


2位

水泳 平泳ぎ

1,2トップは水泳です。

楽に泳げるイメージの平泳ぎですら、消費カロリーランキングでは上位に入ってくるんですね。

1時間の消費カロリーで男性で約700kcal、女性で約550kcalです。

消費カロリーの中では高い方ですが、クロールの半分程度になります。ただ、競泳の平泳ぎになると、基準のカロリー消費よりは高くなると思われますが、筋肉質になる可能性も...


3位

ジョギング

3位にして、一番一般的で、誰でも開始できる運動が登場です。

ダイエットの為の運動として、ジョギングをしている人は多くいると思います。

水泳は、まずは泳げる必要はありますが、ジョギングなら、だれでも今日から始められる運動ですからね♪

人気なわけですね。


4位

サッカー

4位は団体競技のサッカーです。

こればっかりは一人ではできませんね。もちろん過去にサッカーをやっていた人はサッカーの個人練習的なメニューを組み立てる事が出来るかと思いますが、ワールドカップや日本代表が盛り上がっているメジャーなスポーツとは言え、「ダイエットの為に」とサッカーをこれから始めるは難しい人のほうがほとんどだと思います。


5位

バスケットボール

サッカーと同じように、走り続けるスポーツですね。

バスケットボールも団体競技なので、一人で行うのはなかなか難しいかと思いますが、サッカーよりは比較的一人で行いやすいスポーツですね。

ただ、環境的にもバスケットコートとかも無いので、「ダイエット始めるからバスケット始める!!」というのは難しいと思います。


上位5位を見ただけでも、簡単にできるのはジョギングです。

いままで運動をしていなかった人が始めるならば、ウォーキングからのジョギングが良いのではないでしょうか?

1時間続けてのカロリー計算なので、1時間走るのがちょっと体力的にしんどい人は、ウォーキングとジョギングを組み合わせて始めつつ、慣れてきたらジョギングに移行して、ダイエットを加速させるのが良いと思います。

 

とにかく、ダイエットの為の運動は、続けられるようにする事です。

運動で痩せる時の注意


運動でダイエットをする人は、努力家の人だと思います。

しかしながら、運動でダイエットを試みる人で陥りやすいのがあります。

 

それは...

 

過剰なカロリーの摂取です。

 

『運動したから』

『なんかお腹減るなぁ~』

『少し位大丈夫でしょ』

 

運動でダイエットを始める人が最初に陥りやすい罠なんです。

 

運動したから、今日はちょっと食べてもいいかなぁ?というのが、結局のところ摂取カロリーを増やしてしまっているのですね。

普段の必要以上の食事をしてしまったりするのです。

 

『運動している』という心の強みがもたらす事ですね。

 

折角、なかなか取り組みだすのにハードルの高い運動でのダイエットなのに、食事の部分で緩んでしまってはもったいないですね。

 

運動を始める前と変わらない量の食事で日々を過ごすことを心がけましょう♪