糖質制限ダイエット


ダイエットで一番多く行われているといっても過言ではないのが糖質ダイエット。

食事制限のダイエット方法になるが、カロリー制限と違い、比較的食べたいものを食べる事が出来るから人気があるのだろう。

糖質制限ダイエットでは、日々の食事の糖質の量をコントロールします。

間食での甘いものを抑えるのはもちろんの事、身体の中で糖質に変わる炭水化物(米、麺類)やでんぷん質(イモ類、根菜類)の摂取量も意識する必要があります。


糖質ダイエットのメカニズム


糖質ダイエットのメカニズムをご説明しましょう。

炭水化物などは身体の中で代謝され、脳に必要なブドウ糖になります。身体にとっては大切なものではありますが、その糖質が多くなりすぎると、糖質過多になり、血糖値が上がります。

血糖値が上がると、身体にとっては良くないので、血糖値を下げるために、インスリンが追加分泌されます。

 

インスリンはブドウ糖を中性脂肪に変えます。摂り過ぎた炭水化物を脂肪に買えるわけですね。

更には、体内の脂質の代謝を抑制します。

糖質を多くとりすぎるせいで、インスリンが分泌され、糖質を脂肪に変える上に、脂質の代謝を抑制するのです。

 

つまり、太りやすい体質=痩せにくい体質になるわけです。

 

まず、この悪循環をなくしてあげる為に、糖質をコントロールします。

 

また、糖質が多い状態では、身体のカロリーの燃焼効率が下がります。

それは、アミノ酸が糖新生をして、糖のエネルギー代謝がされますが、糖質が少ない状態ではこの効率が悪いため、脂質をエネルギーとします。

同じ運動をしていても、カロリー消費が多くなるわけですね。

 

悪循環の状態から抜け出し、さらに脂質の代謝を多くすることが糖質制限ダイエットなんですね。

 

糖質ダイエットに必要な知識


糖質ダイエットを始めるにあたって、まず知っておかなければならないのが、糖質の多い食べ物です。

スイーツはもちろんの事、米、麺類などは想像がつくと思います。

 

意外と見落としがちなのが野菜類なんですね。

身体に良いされている野菜類ではありますが、糖質制限ダイエットにおいては、制限をかける必要がある野菜も意外と多いのです。

 

まずは、糖質の多い食べ物と少ない食べ物を知っておく必要があります。

基本的に、米類、麺類、パン類が糖質の多い食べ物で、肉類、魚介類は糖質の少ない食べ物です。

野菜類を二つに分類してまとめてみましょう。

糖質の多い野菜

  • ジャガイモ
  • ながいも
  • さつまいも
  • かぼちゃ
  • レンコン
  • トウモロコシ
  • 玉ねぎ
  • ニンジン

糖質の少ない野菜

  • キャベツ
  • レタス
  • ブロッコリー
  • 白菜
  • キュウリ
  • 大根
  • なす
  • もやし
  • 枝豆
  • アボガド

このように、意外と糖質の多い野菜が身近にあるものなんですね。

しかも、じゃがいもやトウモロコシ、玉ねぎは居酒屋でも良く出てくるメニューです。

ビールが糖質が多いのは周知の事実ですが、ビールとポテトサラダ、フライドポテト、ちょっと身体を気にしてオニオンスライスなんて注文の仕方をしたときは、糖質アラートが上がっていますので、ご注意ください。

食品の糖質の見方


食材での糖質の量は上で理解していただけたと思います。

スーパーでも食品に糖質が書いてあるものもありますが、いざ糖質ダイエットを始めてみると、糖質量がわからないという事はよくあります。

そこで、『糖質の見方』をご説明します。

 

米類、麺類、パン類が糖質が多いと言われることから、炭水化物=糖質と思われる人も多いかもしれません。

『炭水化物』と『糖質』は別のものです。

 

炭水化物の中には『糖質』と『食物繊維』が含まれています。

 

食品表示の中には、キチンと糖質、食物繊維が記載されているものもありますが、糖質が記載されていない物があります。

その場合は

 

炭水化物-食物繊維=糖質

 

 

の計算をしてあげれば問題ありません。

 

しかし、炭水化物のみの表示の物もあります。

この場合の計算方法ですが、大前提として

 

糖質→カロリーあり

食物繊維→カロリーなし

 

そして、1gあたりのカロリーには決まりがあります。

脂質:9kcal

たんぱく質:4kcal

糖質:4kcal

 

です。

食品表示にはカロリーが記載されているので、他の物のカロリー計算をして逆算する事で、糖質の量が割り戻しする事ができるのです。

 

糖質制限ダイエットをすることで、暗算の回数が増えるので、頭の体操にも良いですね♪