1日3食必ず食べる


ダイエット中だからと言って、食事を抜く方もいます。

痩せたいからとはいえ、ダイエットは身体づくりです。

 

バランスよく食事をとり、健康的な身体づくりをする必要があります。

痩せたいがために、無理に食事を抜き、身体を不健康な状態にしてはいみがありません。

 

食べ過ぎには注意して、身体にとって必要な栄養はキチンと摂取するように心がけましょう。


では、バランスの良い食事とはどのような食事か?

 

朝食、昼食、夕食について、どのような意識をもって献立を組めばいいかご紹介します。

  • ダイエット中の朝食
    • 朝食にヨーグルト
  • ダイエット中の昼食

ダイエット中の朝食


ダイエット中は朝食を抜く方も多くいらっしゃいますが、ダイエット中には朝食は重要です。

キチンと朝食をとるようにしましょう。

 

おすすめなのが、和食やヨーグルト。

欧米化が進む日本の食生活では朝食はパンという家庭も多いかもしれませんが、パンはダイエットの天敵です。

ただ、健康的にも朝食をとる事は非常に重要!

朝食は何を食べるのが良いか?をもとに献立を見直しましょう。

 

まず、栄養バランスを考える事が重要です。

  • 炭水化物
  • ビタミン類
  • たんぱく質

これらをバランスよく取れるのが和食です。

 

ごはん、味噌汁、魚、煮物。

昔から日本ではなじみ深い献立ですね。

栄養バランスを考えた時に、この献立が朝食にはお勧めなのです。

 

カロリーを抑えたいため、ダイエット中はあまり食べたくないと考える方も多いかと思いますが、朝食は一日のはじめに摂る食事です。

 

一日の活動するエネルギー源になります。

だから、朝食をしっかりとっても、それが原因で太ってしまうという事はありません。

朝食にヨーグルト


朝から和食の献立を作るのが面倒だ!時間がない!という方は、ヨーグルトがおすすめです。

 

ダイエット中になりやすい便秘を回避する事にもなりますし、十分なたんぱく質を摂取する事もできます。

 

ただ、ヨーグルトだけでは栄養のバランスは良くありません。

ヨーグルトと合う、果物を足してあげる事をお勧めします。

 

本来であれば炭水化物を加えるのが理想的な朝食になりますが、パンの食べ過ぎには注意が必要です。

 

お米とは違い、パンは焼くときに水分がとぶので、お米と同じ量を摂取しても満足感が少ないのです。

更には、バターなどを多く使っているパンは脂質を多く摂り過ぎて、カロリー過多になりがちです。

 

ヨーグルトの量を多めにして、パンを少し摂取するなどのバランスで献立を立ててみましょう。