やってはいけない食事


やってはいけないとわかっていてもやってしまうのが人間。

AmazonPrimeでも番組名になっている「カリギュラ」ですね。

『ダメと言われたら、逆にやりたくなる』という心理です。

 

禁止されたくなるとやりたくなる、あこがれるのは人間の根本的なところに関係しているのかもしれませんね。

 

ただ、ダイエットの目的は痩せる事。

ダイエットを始めるにあたって、色々な食事の制限ややってはいけないことが多く出てくると思います。

  • 暴飲暴食
  • 生活習慣の乱れ
  • カロリーの高い食事の制限
  • 家でのダラダラ

細かく上げだしたらキリがないですが、そんな我慢が毎日付きまとうと、逆にやりたくなってくるものかもしれないですね。

 

しかしながら、しっかりと「やってはいけない」と心に決めて取り組みましょう。

 

その中でも、食事にフォーカスして説明します。

インスタント食品をよく食べる


お手軽で、味もしっかりしているインスタント食品を好きな方は多いと思います。

 

でも、カップ麺等の「お湯を入れるだけで簡単においしく作れる」ものは栄養のバランスが非常に悪いんですね。

もちろんそんなことはご存知かと思います。

 

最近のインスタント食品などを見ていると、カロリー表示は意外と少なかったりします。

カロリーが高いと思われるカップラーメンでも、400kcal~600kcal程度だったりするんですね。

これはカレーライスより全然カロリーは低いです。

 

しかし、カップラーメンの良くないところは、ビタミンやミネラルが全然ありません。

もちろん、商品開発で健康を考えてそういった栄養を入れているメーカーもあるかとは思いますが、その分価格は高騰しますし、味の面でも『味にこだわった』ものには勝てないでしょう。

 

そんな栄養が偏ったカップ麺を食べ続けるとどうなるか。

身体は、栄養不足になります。飢餓状態になってしまうのです。カロリーだけ摂取して、栄養不足の状態です。

 

そうすると、身体は栄養を求めるので、溜め込みやすい身体になってしまいます。

つまりは『太りやすい体質』になるわけですね。

 

食事はバランスよく摂取するのが、健康にとっても、ダイエットにとっても重要です。

夜の遅い食事


仕事の関係とかで夜遅い食事になってしまう方も多いかと思います。

一般的にも、夜の遅い食事は『良くない』とされていますが、なぜ良くないか?

 

  • 胃が休めない
  • 寝ている間に消化できない
  • 満腹感で深い眠りにつけない

など上がると思いますが、ダイエットに関して言うと、代謝酵素が働けないという点もあるんですね。

 

人間は昼間に生活している時よりも、寝ている時の方が代謝の効率が良いのです。

その睡眠時に食事を消化しなければいけない状態だと、代謝に回るはずの酵素が消化の方に回らないといけなくなるのです。

 

そうすると基礎代謝が落ちてしまうので、本来であれば脂肪を代謝してくれる時間なのに、消化吸収にまわってしまうので、痩せない身体になってしまうどころか、吸収しているので太る身体になってしまいます。

 

しっかりと長い時間の睡眠時間を確保するのも重要ですので、就寝前の食事はご法度ですね。